当学会は、慶應義塾大学文学部の教員・学生を中心として、文学・言語学・芸術を分野横断的に研究することをめざし、文学部教授・西脇順三郎を会長として1950年に設立された学会です。機関誌『藝文研究』を年に2回発行するほか、春学期には研究発表会を、秋学期にはシンポジウムを開催して会員の研究助成を図っています。

新着情報

2021年7月10日  慶應義塾中国文学会第六回大会 オンライン開催

 

 

2021年6月23日  2021年度研究発表会・総会 対面/Zoom開催

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年4月      藝文学会共催でおこなわれました巽孝之先生(本塾名誉教授)の最終講義とアメリカ文学会東京支部における特別講演がYouTubeにて公開中

 

2021年3月           『藝文研究』119-1号(巽孝之教授退任記念)刊行

 

2020年12月    『藝文研究』119-2号(小倉孝誠教授退任記念)刊行

 

​2020年12月    『藝文研究』118号刊行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

​​

21研究発表ポスター1024_1.jpg